トイレが詰まってしまった時にするべき修理などの情報のまとめ このサイトで紹介されているトイレの修理などの情報を確認しておけば、もし家のトイレが詰まった時でも落ち着いて対応することができるでしょう。 http://www.cobhouse.net/

トイレの詰まりを自分自身で修理することは可能なのでしょうか?

トイレの詰まりって突然起こるので大変です。急なことなので慌ててしまいますし、修理ができるまで使えない、特に真夜中だったら

トイレの詰まりを自分で修理する前にやっておくことにはどういったものがあるのか

トイレが詰まった場合、自分で修理をするにせよ専門業者に依頼するにせよ、まずは被害を拡大しないためにやっておくことがあるの

トイレの簡単な詰まり、頑固な詰まりを修理するということになった場合には・・・

詰まりが原因で突然トイレの水が溢れ出すといった事態になることもあるでしょう。でもそんな不慮の事態になってしまう前に、何と

あなたはトイレの詰まり、自分で修理しますか?それともすぐに業者を呼んでしまいますか?

トイレが詰まった時はすぐにも対処しなければ困ったことになります。そんなとき、多くの人は自分自身で修理するか、もしくは専門の業者に依頼するかのいずれかを選ぶと思います。詰まりの状況によっては自分でも簡単に対処できるケースもあるでしょうし、簡単そうに思えても存外に困難な状況だったということもあるかもしれません。

自分自身で対処する場合も最も大きなメリットは、費用が安く済むという点でしょう。詰まりを取り除く動画がすでに家にあればそれを使えばいいのですし、もしなくても安価で手に入ります。たとえばいわゆる「スッポン」といわれる吸引ラバーカップの場合、ホームセンターやスーパーマーケットで買えば1,000円前後、中には100円ショップで手に入れられるものもあります。

排水管専用のワイヤーでも1,500円くらいですし、詰まりを溶かす重曹なら200円程度で買うことができます。専門業者に依頼せず自分で対処しようとする人のほとんどが、業者に依頼すると結構高いというイメージを持っていることが多いようです。確かに専門業者の数は非常にたくさんありますし、サービスや作業内容などまでなかなか知ることはできません。

中にはいい加減な業者もいるかもしれないのですが、一般的な業者の基本的な費用をチェックしてみると5,000~8,000円程度でした。その内訳は、相談と現地見積もりを含む基本料金にプラスして作業代、部品を交換する必要があれば部品代というものです。

これらに出張費や深夜・早朝などの時間帯によって追加料金が必要な業者もあります。自分で道具を揃えて作業を始めたのはいいけれどもやっぱり無理だったとなると、道具代や時間、そして労力が無駄になってしまいます。また、素人が適当に作業すると最悪の場合、便器の交換や排水管の修理などが必要となる事態を招くこともあり得ます。

「最初から業者に頼めばよかった」と後悔しないためにも、まずは業者に連絡して見積もりを取るのもいいでしょう。

▲PAGE TOP

あなたはトイレの詰まり、自分で修理しますか?それともすぐに業者を呼んでしまいますか?

トイレが詰まった時はすぐにも対処しなければ困ったことになります。


Copyright© 2016年7月7日 トイレが詰まってしまった時にするべき修理などの情報のまとめ
http://www.cobhouse.net All Rights Reserved.