トイレが詰まってしまった時にするべき修理などの情報のまとめ このサイトで紹介されているトイレの修理などの情報を確認しておけば、もし家のトイレが詰まった時でも落ち着いて対応することができるでしょう。 http://www.cobhouse.net/

トイレの詰まりを自分自身で修理することは可能なのでしょうか?

トイレの詰まりって突然起こるので大変です。急なことなので慌ててしまいますし、修理ができるまで使えない、特に真夜中だったら

トイレの詰まりを自分で修理する前にやっておくことにはどういったものがあるのか

トイレが詰まった場合、自分で修理をするにせよ専門業者に依頼するにせよ、まずは被害を拡大しないためにやっておくことがあるの

トイレの簡単な詰まり、頑固な詰まりを修理するということになった場合には・・・

詰まりが原因で突然トイレの水が溢れ出すといった事態になることもあるでしょう。でもそんな不慮の事態になってしまう前に、何と

トイレの詰まりを自分で修理する前にやっておくことにはどういったものがあるのか

トイレが詰まった場合、自分で修理をするにせよ専門業者に依頼するにせよ、まずは被害を拡大しないためにやっておくことがあるので紹介しておきましょう。そのひとつが、ウォシュレットのプラグを抜くことです。ウォシュレットはセンサーに反応して水が出る仕組みになっているので下手をすると勝手に水を増やしてしまうことにもなりかねません。

まずは電源を切ってしまうことを忘れずに。その場合、プラグを濡れた手で触ると感電してしまう恐れがあるので必ず乾いた手で触るかゴム手袋をはめましょう。また、濡れた床にプラグを置くのも危険です。次に、止水栓を閉めましょう。止水栓が開いているとトイレタンクのレバーをひねると水が出てしまいます。

詰まりが直っていないうちに水が出ると便器から溢れて被害が拡大してする恐れがあります。止水栓の場所は、主にトイレタンクへ水を給水する給水管についているはずです。ただ、ウォシュレット専用の止水栓もあるので間違えないように注意が必要です。

止水栓が見つかったならその閉め方ですが、マイナスドライバーで右(時計回り)に回すとOKです。もし止水栓が固くて回らなければ無理をしてはいけません。下手をすると配管を負ってしまう恐れがあるので、そんな場合には家屋全体の元栓を閉めましょう。

タンクの周辺を見てもどこにあるかわからないこともあるかもしれません。その場合は、家屋全体の水の元栓を閉めるしか方法はないでしょう。これは戸建ての場合は宅地内の地面、集合住宅なら玄関横のパイプシャフトの中にあるはずです。トイレの形状などで位置が異なるので、事前に確認しておくといいでしょう。

いずれの場合も万が一のことを考えて、事前に確認しておくようにしましょう。

▲PAGE TOP

トイレの詰まりを自分で修理する前にやっておくことにはどういったものがあるのか

トイレが詰まった場合、自分で修理をするにせよ専門業者に依頼するにせよ、まずは被害を拡大しないためにやっておくことがあるので紹介しておきましょう。


Copyright© 2016年7月19日 トイレが詰まってしまった時にするべき修理などの情報のまとめ
http://www.cobhouse.net All Rights Reserved.